Coffee Break

ご相談・お問い合わせ
物件リクエスト
お気に入りリスト
理想の物件と出会う秘訣
大阪の物件を集めた物件情報誌BB請求
耐震設計オフィス
ビルバンク管理物件
仲介手数料無料
オフィス賃料相場
スタッフ紹介

201306月号  グランフロント大阪開業。大阪経済の起死回生なるか。

巨大複合施設オープン
4月にグランフロント大阪がオープンしました。西日本最後の一等地と言われたJR大阪駅の貨物ヤードは、巨大複合施設として再生しました。
オープン初日の来場者数は32万人、その後、4日間で141万人が訪れ大阪にひさびさの活況ぶりを醸し出しました。
開業前から東京や海外の有名ブランドが関西初出店と各メディアが報じたため、また、ゴールデンウィークと重なったこともあり連休最終日の累計来場者数は376万人を突破したとのことです。
しかしその一方で、「東京価格が誤算」と報じたメディアもあるようです。これはグランフロント大阪の店舗が高級志向であるのが原因のようで来場客一人の売上単価の平均は800円。賑わいぶりの割には「実売」に結びつかず今後、来場客の購買単価と頻度を高めることができるかどうかに課題を残したようです。
東京にくらべて、もともと関西人は価格には敏感なようで、ましてアベノミクス効果が実体経済に反映していない状況下では、少し困難さのともなう船出であったようです。
オール関西の連携が重要なキーポイント
6月5日には英国系高級ホテルである「インターコンチネンタルホテル大阪」が、グランフロント大阪B棟に開業しました。
同ホテルは国内では7軒目、関西では初開業です。大阪市内にはすでにザ・リッツ・カールトン大阪(北区梅田)やセントレジスホテル大阪(中央区本町)がありますが、来春には、あべのハルカスのオープンにともない「大阪マリオット都ホテル」の開業がひかえています。
さらに2017年完成予定のツインタワー(朝日新聞ビル)にも高級ホテルが誘致される予定で、しばらく高級外資系ホテルの開業ラッシュが続きそうです。このような状況にホテル間での顧客争奪戦が始まるのではとの声も聞かれますがホテル業界関係者によりますと、「もともと大阪市内ではインターコンチネンタルクラスの超高級ホテルは少ないため、観光シーズンや国際会議の開催中は客室が足りなかった」とのことです。
大阪市にはインテックス大阪、大阪国際会議場などのコンベンション施設がありますが、国際会議の開催件数が東京にくらべて少ないことも相まって、VIPを迎える超高級ホテルというインフラへの観念が薄かったのかもしれません。
グランフロント大阪の地下には最大3000人を収容できるコンベンションセンターや9つのカンファレンスルームがあります。関空~JR大阪駅というアクセスのよさとターミナルという立地性を活かして、大阪市での国際会議開催をもっと誘致できる可能性があります。 それには、大阪が日本の文化集積地である京都や奈良と隣接していることを活かし、広域にまたがる官民の連携が重要なキーポイントになります。
前の記事へ

「迅速」「丁寧」に対応いたします!!
賃事務所/貸倉庫に関するお問い合わせ
お客様に最適な条件の物件をご案内させていただきます。
首都圏エリア
0120-95-3737
受付時間/9:00~17:30、定休日/土曜・日曜・祝日
東京オフィス【東京本部】
〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目8番2号
新日本橋ビルディング4階
関西エリア
0120-95-3737
受付時間/9:00~17:00、定休日/土曜・日曜・祝日
大阪オフィス【本社・大阪本部】
〒541-0053 大阪市中央区本町4丁目2番5号 
本町セントラルビル4階
ビルバンク
東京・大阪の賃貸オフィス・
賃貸事務所・賃貸倉庫の物件
検索はビルバンクへお気軽に!
お問い合わせ下さい
お問い合わせ

このページの先頭へ